タイトル:商品・サービスの「区分」とは?

『区分』とは、商品・サービスをカテゴリー分けした第1類~第45類の分類のことをいいます。

 

『商品』の区分は、第1類~第34類になります。

例えば、

商品が『化粧品』である場合には『第3類』になり、

『菓子』である場合には『第30類』になります。

 

一方、『サービス(役務=えきむ)』の区分は、第35類~第45類になります。

例えば、

サービスが『ウェブサイトの作成又は保守』である場合には『第42類』になり、
『飲食物の提供』である場合には『第43類』になります。

 

なお、区分は、商品・サービスの『類似の範囲』を定めるものではありません。
そのため、ある商品・サービスが他の商品・サービスと同じ区分であっても、『非類似』になることがあれば、『類似』になることもあります。

カテゴリ:商標用語の解説